ブログ 引退ブログ ー高木 しおんー

引退ブログ ー高木 しおんー

#99 とあ

こんにちは!4年のとあです!

平素より福岡教育大学ラクロス部を応援していただき、誠にありがとうございます。

引退ブログということで…私の今シーズンの目標は”変化し続ける”でした。

4年間を振り返ってみると、4年生が一番変化し続け、成長できていたなと実感しています。

私は1年生から3年生まで、ベンチメンバーに入れることも少なく、リーグ戦で試合をしたことがありませんでした。
“自分の実力じゃ出られないのは当たり前”と思いとどまっていたことにとても後悔しています。

1年生 ウィンター
2年生 関西遠征
3年生 先輩の卒業式

後輩たちへ 
自分が行動しないとチャンスは訪れません。行動するのは勇気がいることかもしれないけど、その1歩で可能性はたくさん広がるはず!!後悔しない4年間を!

4年生になり、リーグ戦の中で2回のターニングポイントがありました。

ベンチメンバーからも外れてしまった2戦目の福大戦。
心の底から悔しくて、1人で大泣きました(笑)
1〜3年生のときの自分では、ここまで悔しがらなかっただろうし、切り替えもできなかったと思います。
「ここで諦めたら終わり」
そう気付けたのは、周りのみんなが頑張っていたからだと思います。

8戦目の西南戦。
試合終了の合図があるまで、緊張で息が止まってしまうような試合でした。
ベンチから見るフィールドの選手たちは、本当にかっこよかったし、一緒に戦っているんだと一番実感できた試合だったと思います。
この西南戦があったからこそラスト1試合どう臨もうか自分の中できちんと考えることができました。

西南戦の次の日から北九戦まで、ほぼ毎日クロスを触り、壁打ちをしに行きました。
呼びかけてくれる自主練やポジションごとの練習会にもできるだけ参加しました。
学生人生最後の試合で後悔したくなかった、そして何よりも、結果を残してチームに恩返しをしたいという思いが強かったからです。

最終試合の北九戦。
ショットが決まったこと。
リストレギリギリのグラボーが取れたこと。
試合で初めてドロー周りに入って、ボールが取れたこと。
「やっておけばよかった」よりも「やっておいてよかった」と思う瞬間が何度もありました。
私のプレーを私以上に喜んでくださったり、涙を流してくださった仲間たちやコーチさん、先輩、そして遠くから会場に来てくれたお母さん。
チームへの貢献度はほんのわずかかもしれませんが、周りの人の心を揺るがすプレーができたことが本当に嬉しかったです。

ショットが決まって喜んでいるシーン
4年生 コーチさんとの集合写真

4年間を通して、何のためにラクロスしてるんだろう、辞めたいと思うことは何度もありました。

それでも辞めなかったのはラクロスを通してたくさんの素敵な方々と出会えたこと、サポートしてくださるコーチさんがいてくださったこと、そして一緒に頑張りたいと思える仲間がいたからだと思います。

遠方に住む家族の存在も私にとって必要不可欠でした。いつもありがとうね。

福岡教育大学ラクロス部の一員としてラクロスができたこと。
九州支部学生連盟の役員として九州のラクロスを支えることができたこと。

ラクロスが、そしてラクロスを通して出会えた皆さんが、私を大きく成長させてくれたと強く感じています。

’21RACCOONSの集合写真
学連役員のみんな

入部当初、教師になったらラクロスで培った力を活かしたり、経験を話したりしたいと思っていました。
この夢を叶える日は近いのかなとワクワクしています。

これからも、福岡教育大学ラクロス部、RACCOONSが熱い人が多く、厚いチームであり続けられるよう、遠くから応援しています。

最後にはなりますが、
福岡教育大学ラクロス部の保護者の皆さま、コーチさん、同期、後輩のみんな、学連のみんな、ラクロス協会事務局の皆さま、家族、友だち。

ここには書ききれないほどの多くの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

中村彩乃 記事一覧

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。* の項目は必須項目となります。

関連記事

LATEST NEWS 最新情報
SNS
INSTAGRAM