ブログ 引退ブログ ー長友 万優香ー

引退ブログ ー長友 万優香ー

#11 らむ

こんにちは!らむです!

4年間を振り返って、長かったような短かったような…いろいろなことがありましたが、今シーズン本当に楽しかったです!!

1.2.3年生の時は、かっこいい先輩方を見て、いつも刺激を受けていました。あんな先輩になりたい、試合に出たらああいうプレーをしようと応援席でひたすらに想像を膨らませてばかりでした。

最後の年になって、もう自分の“したい”“やりたい”“なりたい”をできるチャンスが最後になった、もう今年しかない、絶対後悔したくない、と改めて強く決意しました。  

試合に出るために、ポジションを変えました。それは自分にとって大きな賭けでした。
1年生の頃からATになんとなく苦手意識があり、DFしたいな〜とDFメインでプレーしてきました。それからは、全員で守るDFに魅了されてハマりました。もっともっと極めようと思い、DFに絞って練習しました。だけど、なかなか試合には出れず、ベンチにも選ばれたり選ばれなかったり、、もどかしく感じていました。

そんな時に、先輩方が引退されて、MFの枠が空きました。MFのポジションでプレーをしていた先輩が、らむならできると昨シーズンから背中を押してくれていました。私はずっと「でも…ATが…」と曖昧な返事ばかりしていましたが、ここしかない、今やるしかないとポジションを改めることを決めました。私は頑固なので、(笑)そう言われてもできないできないとばかり思い込んでいました。だけど、何度も何度も声をかけてくださって、私の可能性を私以上に信じてくれていました。先輩ができると言ってくださったから、チャレンジすることができました。本当に感謝しかありません。

ずっとDFをメインでしてきたので、ATは頭では分かっていても、いざ練習してみるとうまく動けなくて難しくて、やっぱりDFしか…と何度も思いました。それでも試合に出るためには、ATの練習をするしかなくて。少しずつ、ATの中で自分にできること、まだ苦手なことが分かり始めました。それからは、ATも楽しいと思えるようになりました。

 7月に開幕戦を迎え、私は試合のコートに立てました。もうこの時点で感無量です。涙が止まりませんでした。自分の今シーズンの目標「スタメンで試合に出る」を達成できた瞬間でした。

しかし、試合に出れるようになり、試合でプレーする責任を強く感じるようになりました。コートに立ってようやく気付きました。攻めて守って走って全力でプレーして、チームのために戦うとはこういうことなんだと思いました。
攻めれない時も守れない時も走れない時もあって、自分は試合に出てるのに何もできてないと何回も何回も思いました。自分に腹が立ってしょうがなかったです。

あっという間に迎えた最終戦。

もうこれしかないと思うと、体がガチガチに強張って、試合の最初は全然動けませんでした。
同期が、仲間が、どんどん最高のプレーをしていく中、何も残せなくてやるせなくて、試合中なのにメンタルやられていました。
コーチさんや同期、後輩に背中を押してもらって、ラスト2Q。ここまできても、自分1人じゃプレーできなくて、仲間の声に本当に救われました。それからはもうがむしゃらにグラボー取ってショットを狙って。ミスもあったし全然かっこよくはなくて、どろくさいプレーだったけど、今思えば最高の思い出です。ショットを決めた時、喜んでくれた同期、後輩、コーチさん。たった1点だけど、やっとチームに貢献できたと思い、私は腰が抜けました。

楽しいこと嬉しいことばかりではなかったし、同期とぶつかることもあったし、うまくいかなくて部活が嫌な時期もあったけど、ここまで続けてきてよかったです。 

学年ミーティングでは、16人がみんな納得するまで話し合ったのが思い出されて、懐かしい気分です。既に書いているのですが、私は自分の意志が強いので、、(笑)たくさん迷惑をかけたと思います。話を聞いてくれてありがとう。みんなに出会えて、みんなとラクロスできてよかった!最高の自慢の同期です!ありがとう!!!

先輩方がいなければ、私はそもそもラクロスに出会っていませんでした。ラクロスに出会わせてくれてラクロスの魅力を伝えてくれて本当にありがとうございます。

後輩たち、みんなが来年試合のコートに立っている姿を思い浮かべるだけでにやにやしちゃいます。みんなの成長を見られるのが嬉しくて、それを見つけるたび実はテンション上がってました。開幕戦絶対見に行ます!楽しみです!

コーチさん、私たちは個性であふれていて、迷惑をかけることの方が多かったかもしれません。だけど、最後まで信じてくれて支えてくださって本当にありがとうございました。たくさんのコーチさんに恵まれて幸せでした。

毎試合のように遠くから駆けつけて観に来てくれた家族。せっかく来てくれたのに、良いところを見せられずに終わる試合ばかりだったけど、それでも応援してくれてありがとう。

1年生の4月、ラクロスに出会って、こんな大学生活が送れるとは思っていませんでした。ラクロス部だから、たくさんの人に出会って、たくさんのことを経験して、こんなに楽しく毎日を充実して過ごすことができました。

最後になりますが、保護者の皆様、OGさん、リーグ戦を開催してくださったラクロス協会の方、福教に関わってくださって全ての方に感謝致します。本当にありがとうございました。

拙い文章でしたが、ここまで読んでくださりありがとうございました。

今年の22RACCOONSも、引き続き応援よろしくお願い致します。

中村彩乃 記事一覧

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。* の項目は必須項目となります。

関連記事

LATEST NEWS 最新情報
SNS
INSTAGRAM